この頃思うこと

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
だいぶん慣れたけれど・・・・


なかなか 慣れなかった上司の気持ちが、この頃 やっとこさ、分かってきたような気がする。少し耳が遠いのか? わたしの返事が聞こえないことが よくあるのだ。

わたしが無視しているように 思うようで、何度もしつこいくらい同じことを言ってくる。
それも仕事の事より、手が空いた時の たわいもない話の事を くどくどと、言い訳みたいに言ってくる。

わたしは、素直に返事しているのに なんだか その上司は、不機嫌になってくるのだ。
もう、疲れるわ・・・・・
| 小百合吉永 | my日記 | 15:16 | comments(4) | - |
いつもの事だけど・・・・・・
   わたしの周りには、誰もいなくなる。

   先日の新潟中越地震で、インタビューを聞いていたら、独り暮らしの老婦人が、


   自分では避難所に行けず、ご近所の人たちと 助け合ってその日を暮らしていた。

   (やっぱり、近所付き合いをしていたおかげです。)と言っているのを聞いた。

   わたしは、友達がいなくなる。近所付き合いも 希薄だ。
  
   理由は はっきりしないが、何故かべっちょリくっついた関係が苦手で、


   他人の言葉の裏表が見えてくると、いたたまれなくなる事も原因かもしれない。



   わが道を行き過ぎるからかも・・・・・
   だが、淋しいなぁ!と、思うこともたびたびある。


   死ぬ時は、家族が悲しんでくれるだろう。それだけで、いいとするか・
・・・


   


   

   


   
| 小百合吉永 | my日記 | 17:52 | comments(0) | - |
最近の出来事
新しい上司ができる・・・・

何のことか、わからないよね。楽しい
今までの経営者は引退することになり



個人経営の事務所なので、別の経営者がお客様を引き継ぐことになったのです.



そして、わたしはそのまま仕事と一緒に 新しい経営者の下で働くと言うわけです。女



なんかやりにくいわ。新人の経営者の方も 扱いにくいのじゃないかしら?しょんぼり


なんだか心配だわ)と、独り言を言ってしまったら、
聞き耳を立てる


ぼくと仕事するの嫌なの?バッド冷や汗


って、変にひがまれてしまい、言い訳するのに 一苦労です。


だって、今までの経営者とは、二周りも歳が違ったのに、今度は同い年なのです。
仕事の内容も、わたしが何年かやってきた事なので、一応先輩みたいなもので・・・冷や汗

頼りにされても、困るなぁ
| 小百合吉永 | my日記 | 17:03 | comments(0) | - |
職場での できごと。
その椅子が与えられてから、8年がたった。嬉しい



4本足の、どこの事務所でもみられるような、パソコン用のスチール製の椅子だ。
わたしの椅子になった時、すでに疲れた椅子だった。ショック




新人が入社してきたのだが、椅子の高さが合わず、割りにましな椅子が余ってきた。楽しい

だからわたしはその椅子をもらうことにして、わたしが使っていた椅子がその新人用に

なった訳だ。



何ヶ月か経ったきょうの事、その椅子は、車輪の固いゴムが減ってしまって 回らなくな

ってしまっている。
工具




なんとその椅子は あまりにおそまつと言うことで、新品を買ってもらったそうな。!!

5本足のついた りっぱな新人の椅子。

つい最近まで がまんして がまんして わたしの椅子として可愛がっていたおそまつな椅子。バッド

これからまた、わたしは、おそまつな椅子より少しだけ ましな椅子と何年もすごさなけ

ればならないのか・・・・
怒り










































| 小百合吉永 | my日記 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
いたたまれなくて・・・
ショッピングセンターのATMで記帳しようと、並びました。お金嬉しい
入り口が三ヶ所あり、わたしの方からは 二人の方が並んでいるのが見えたので、
三人目はわたしだと思っていました。女
そのあと、別の入り口から入ってこられた方がいて、そのひとがここが最後尾ですか?
と、言っているのが聞こえたのです。(わたしの方からは、全く見えてなかったのです)
進んでいくうちに、わたしの前に割り込んでいる人がいたので、(先程から並んでいたのですよ)と言うと、いいやわたしのほうが先だと言われて・・・・びっくり
ですが、そのひとの後ろにもうひとり女性がいて、微笑みながら、わたしが一番最後ですよって・・
つまり、わたしは、ひとり勘違いしていたみたいなのです。怒り
わたしは、最後から二番目の方に 謝ったのですが、ふんっ と、した態度のままでした。ニョロ
いたたまれなくて、わたしは、順番を待たずに出てきてしまいました。モゴモゴ

ひとを許してあげるのは、割と簡単だけれど、許してもらうのは 案外難しいことでし

た。

| 小百合吉永 | my日記 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
私を登録 by BlogPeople

一番上へ